Top >  供養 >  水子供養

水子供養

水子は、流産をしてできる場合もありますし、人工妊娠中絶でできる場合もあります。


どちらにしても、母親としてはその子が気になるでしょう。それが自然です。

水子ができたら、水子供養をするのはとてもよいことです。

 

先祖供養をするように亡くなった人を立正佼成会では供養します。

これは、亡くなった人の霊を慰めるというより、自分が現世で徳を積むことを誓い、それを回向して霊が成仏するのを助けようとするのです。


水子も、水子の祟りを気にするよりも、一人の亡くなった人として、供養をしてあげましょう。

朝夕のご供養も、毎月1回は命日になりますから、その日には戒名をあげます。

 

それとは別に、水子供養を教会や支部でやる時があります。

その時は、戒名を書いて提出し、供養に参加して大勢でたくさんのお経をあげてあげましょう。

 

自分の家で水子供養をしたいと思うのならば、支部の主任さんか組長さんに相談してみてください。

費用は、お戒名を頂くときとご供養するときに、お布施としてだすことになります。
金額は、数千円程度でよいと思います


あとは、ご供養の準備です。

ご法前をきれいに掃除をして、水子ちゃんが喜んでくれそうな料理を考えてあげてください。

  お菓子.gif

 <  前の記事 手取り  |  トップページ  |  次の記事 結婚式  >