Top >  立正佼成会の教え >  三宝帰依

三宝帰依

三宝帰依は、ほとんどの仏教団体では唱えますが、立正佼成会でもご供養の最初に読みます。


   自ら仏に帰依したてまつる。
   まさに願わくは衆生とともに、
   大道を体解して、無上意を発さん。
    
   自ら法に帰依したてまつる。
   まさに願わくは衆生とともに、
   深く経蔵に入りて、智慧海のごとくならく。
   
   自ら僧に帰依したてまつる。
   まさに願わくは衆生とともに、
   大衆を統理して、一切無碍ならん。


仏具.gif

仏は仏様、法とは教え、僧とは教えを行ずる人達のことで
それに帰依するのを表白します。

帰依とは、帰命と言い、全身全霊をあげて信頼し、心の依り所にし、すべてをお任せをすることです。

 

ですから、純粋な信仰の心を持って、これからご供養をしますというわけです。

 

「まさに願わくは衆生とともに、」が3つともついています。

これは、常に信仰者は、自分だけが救われるのを考えるのではなく
皆が救われることを考えるためにあります。

 

 

 <  前の記事 葬式  |  トップページ  |  次の記事 仏帰依-三宝帰依  >