Top >  立正佼成会の教え >  仏帰依-三宝帰依

仏帰依-三宝帰依

三宝帰依の最初は仏様に帰依することを表白します。

   自ら仏に帰依したてまつる。
仏像.gif   まさに願わくは衆生とともに、
   大道を体解して、無上意を発さん。


仏様に帰依する、すなわち全身全霊をあげて信頼しすべてをお任せしますが、それだけでなく、無上意を起こすのです。


「無上意を発さん」は、無上の仏様の悟りを、自分も得たいという気持ちを強く持ちますと言っているのです。

この悟りを得たいという心を発菩提心をいいます。

 

それには「大道を体解して」して仏様の悟りを得ます。


大道を体解してというのは、大道というのは宇宙の真理・永遠の生命を、体解する、すなわち「りくつでなく、魂でわかる」ということです。

宇宙の真理・永遠の生命は、理屈で説明しても、ある程度はわかりますが、最後は魂が納得して、悟るものなのです。

 


発菩提心が、菩薩として最初に必要なもので、ここから信仰が始まるともいえます。

 <  前の記事 三宝帰依  |  トップページ  |  次の記事 法帰依-三宝帰依  >