Top >  立正佼成会の教え >  僧帰依-三宝帰依

僧帰依-三宝帰依

最後に三宝帰依では僧に帰依します。

   自ら僧に帰依したてまつる。
   まさに願わくは衆生とともに、
   大衆を統理して、一切無碍ならん。


僧とは和合で、信仰者の結合体をいいます。


お釈迦様が、ある弟子から尋ねられました。

  僧に帰依するのは、信仰の中で半分くらいを占めるくらい大事なのでは

それに対して、お釈迦様のお答えは。

  僧に帰依するのは、信仰のすべてだ


私達は一人では、時に怠けたり、忘れたり、間違ったりとなかなか信仰もうまくいきません。

それが、僧=仲間がいれば、励まし合い、助け合い、教え合っていきますから、自分ひとりでは乗り切れないことも乗り切れます。

ですから、僧を心の依りどころにするのが大切なのです。

 


大衆を統理して、一切無碍ならんとは、統理すると言っても、その前に衆生とともにとありますから、上に立つ指導者のことをいっているのではありません。

衆生とともに、つまり皆で一緒に、一切無碍(じゃまものに妨げられない)で、この無上道を歩んでいこうというのです。


 

 <  前の記事 法帰依-三宝帰依  |  トップページ  |  次の記事 ご本尊およびご法号勧請  >