Top >  立正佼成会の教え >  ご本尊およびご法号勧請

ご本尊およびご法号勧請

立正佼成会では2008年3月5日を期して、全会員へのご本尊およびご法号勧請がされています。

これまでご本尊は、ある程度信仰をしてから、始めて勧請してもらえたのですが、それが全会員に勧請するというのは、どうしたのでしょうか?


それは、本来、開祖さまが「いずれは全会員にご本尊を勧請」という願いがあったのです。

しかし、物事を成し遂げるのには、それだけのことをするのに相応しい条件が必要です。ちょうど、お釈迦様が法華経をお説きになるのに、40年余りも方便の法を説いてきました。

また、開祖さまも立正佼成会を創立して20年間は方便時代と言われるように、法華経を学ぶ教学などがなかった時代があり、それで人が育ったから20年経って始めて真実顕現で法華経を説かれることができたのです。


そして会長先生は、開祖さまの子であり、開祖さまの時代では果たせなかった願いを二代会長として果たすのが役割と自覚して、決意を持ってご本尊を全会員に勧請するのを発表してのです。


ご本尊を各家庭に勧請するということは、立正佼成会会員はすべの人が久遠実成大恩教主釈迦牟尼世尊を本尊とするわけです。

久遠実成大恩教主釈迦牟尼世尊を仏教徒として本尊として勧請するのがあるべき姿であり、ならびに信仰の目的を改めて確認する意義があります。

信仰の目的は、会員綱領のあるように人格完成=成仏であり、それは本仏=久遠実成大恩教主釈迦牟尼世尊に自分は生かされている、今この場で自分はもう幸せになっているのだと悟ることです。


そして、同時に自分だけが救われるのではなくて、みんなも共に救われるのを願うのが法華経の精神ですから、その万人の救済という仏様の願いをわが願いとしていくのを、ご本尊を拝して、自分に確認するのが大切です。


また、ご法号を勧請するということは、私たち立正佼成会の会員は、開祖さまと脇祖さまを師匠とすることを明確にします。

私たちは、悩み苦しみにを抱えた人に寄り添い、歓びや悲しみを分かち合いながら、多くに人に安心や生きる希望を与えていくという大きな役割を持っていることを認識するのです。

 <  前の記事 僧帰依-三宝帰依  |  トップページ  |  次の記事 ご宝前  >