Top >  供養 >  ご宝前

ご宝前


立正佼成会ではご宝前に、ご本尊、ご法号、総戒名、宅地因縁戒名そして過去帳を勧請したり祀ったりします。


ご本尊は、「久遠実成大恩教主釈迦牟尼世尊(くおんじつじょうだいおんきょうしゅしゃかむにせそん)」(久遠本仏)を勧請します。この本尊像は、この世に出現し、真理を説いた釈尊の姿と、法華経に説かれている久遠の本仏を一体化し、目に見える形に表したものです。

本尊像の上部には多宝塔があり、塔の中には真理の象徴である多宝如来が安置されています。

本尊の光背には上行、無辺行、浄行、安立行の四大菩薩が左右に配されています。四大菩薩は大地から湧き出した無数の菩薩たちのリーダーとして、法華経の従地涌出品に登場します。法華経の広宣流布に活躍する菩薩なのです。


ご本尊を勧請して、立正佼成会会員は仏教徒としての信仰の目的を確認します。

 


ご法号を勧請するということは、開祖さまと脇祖さまが70年前に立正佼成会を創立したからこそ今日があり、その二人を師匠とすることを明確にします。

 

総戒名は、諦生院法道慈善施〇〇家徳起菩提心となり、立正佼成会に入会すると、まずその家庭に「総戒名」が祀られます。(2008年からご本尊とご法号も勧請されます)

諦生院法道(正しい生き方は、その場所で法に沿った道を歩み)、慈善施〇〇家(慈悲と善い事励み、その功徳を先祖に施し)、徳起菩提心(その徳が菩提心を起こしめる)ということを言ってます。

総戒名はその家庭のすべてのご先祖さまをお祀りする戒名であるとともに、仏さまの教えにのっとった信仰の規範、修行目標が示されています。

 

宅地因縁戒名は諸精霊への供養と、自分達が住まわせていただいていることへの感謝を表します。

 

過去帳は、日毎に命日になる亡くなった人の戒名が書いてあります。朝夕のご供養の際には、お経の最後にある結回向唱にある、「今日命日にあたる精霊」という後にその戒名を2回あげます。


 

 <  前の記事 ご本尊およびご法号勧請  |  トップページ