Top >  宗教の入会・脱会 >  脱会

脱会

立正佼成会に導かれて、幸せになって欲しいと思っていても、中には立正佼成会を辞めたいという人もいます。


立正佼成会に会費(月100円)も払わず、機関紙をもらわず、誘いにもでなければ、実質的には立正佼成会とは関わりがなくなるわけです。

しかし、ちゃんと辞めたいと思うのならば、それを伝えればいいのです。


伝える人としては、導きの親かあるいは組長か主任に言えばよいです。

 

もちろん、「はい、わかりました」では、ちょっと情けないですね。

 

何故辞めたいのか、を聞いてくるでしょう。

でも、辞める決心が変わらないのであれば、


  「残念です」
  「また、気が変わったら、いつでも迎えますよ」


などを言いますが、辞めるのは難しいことではありません。

立正佼成会の脱会方法については、こちらのYahoo知恵袋を見れば書いてあるとおりです。

 

ただ、時々はまた来て、話を聞いたり、したりすることはあります。

それは、あなたを気にかけて、様子を見に来てくれるのですから、毛嫌いする必要はないと思います。

 

あまり詳しく知らないのですが、創価学会は一度入会する(入信する)と、脱会するのがかなり大変だと聞いています。

「創価学会 脱会」でYahooやGoogleで検索すればわかりますが、創価学会の脱会方法なんてサイトがあるくらいです。


読むと、なるほどと思うよりも、そんなに凄いのだと恐れをいだく人が多いと思います。


もちろん、創価学会の立場の話も聞いてみないとわからないけれど、

 

 <  前の記事 根本仏教  |  トップページ  |  次の記事 破門  >