ペットと暮らすためにのTOPに戻る
「ペットと暮らすために」トップ >  ペット種類 > ティーカッププードルの正しい選び方とブリーダーを見る目を養う

ティーカッププードルの正しい選び方とブリーダーを見る目を養う

ペットと暮らすヒントがわかるように必要な項目と情報を整理しています。ペット他ほか情報活用に進みましょう。プードルという犬種においてもとても希少なティーカッププードル
高価なものがほとんどですが、飼いたいとお考えの方もたくさんいらっしゃると思います。
ショップやブリーダーのもとで育てられたティーカッププードルの中には健康で元気なワンちゃんと、そうではない不健康なワンちゃんが混じってしまっているのが現在の日本の現状です。
そのため、ティーカッププードルを飼うに際しては、きちんとした「見る目」「選ぶ目」を養うことが必須条件なのです。
まずプードルという犬についてお話すれば、プードルという犬自体、サイズや毛色、顔つきや性格など、実にさまざまなワンちゃんがいるというのが特徴のひとつです。

まず「見る目」を養うために、より多くのペットショップやブリーダーを訪れて、なるべくたくさんのプードルを見て歩くということが大切です。
どんなワンちゃんがいるのか、その数は多く知っていればいるほど、見る目を養う助けになってくれるはずです。
そういった中で、より詳しく状態を見ていき、「気に入った」と思えるティーカッププードルを選びだすのはさらにもう一歩深い過程となります。
基本的なチェックポイントとしては、毛色にこだわりたい場合、生まれてから期間の短いワンちゃんなどの場合退色の可能性が考えられます。

表面に見える毛の色だけでなく地肌側もしっかり見ておきましょう。
地肌に近い色が後で出てきて成犬になるということがほとんどです。
そして何より大切なのは、ワンちゃんが元気であるかという事です。
目の輝きや、人に好奇心を寄せてくるワンちゃんであるか、しっかりと歩いているか、また、しっぽは立ってぴんと巻いているか…こういった所からワンちゃんの健康状態を判断できます。
しっぽが垂れ下がって股の間にはさまるようになっているワンちゃんは健康に問題ありです。
これは単純にショップまたはブリーダーの責任問題ですから、ティーカッププードルを飼いたいという方がこういうワンちゃんを避けてもそれは仕方のない事です。

ショップやブリーダーはプロの責任として、健康なワンちゃんを送り出さなければなりません。
ではなぜそういった、健康に問題のあるティーカッププードルたちが出てきてしまうのでしょうか。
それはティーカッププードルという種の繁殖に関係があります。
日本では多くのブリーダーは農業の副業や狭い場所での、規模の小さい交配しかできません。
いっぽうアメリカでは大規模な農場を営む傍らでブリーダー業を行うという形態があります。
ティーカッププードルを繁殖させるためには、アメリカのように膨大なトイプードルを育てていける環境がないと、なかなか繁殖していきません。

それだけ、体が小さい種を定着させるのが難しい、という事です。
ある説では日本でティーカッププードルは生まれない、というものがあります。
日本では繁殖のためのじゅうぶんな頭数がそろわないため、生まれたとしても突然変異でその代だけ、という事が多く、またほとんどの場合、本来なら生後まもなく自然淘汰されてしまうほど体の弱い、または病気がちのワンちゃんがそのまま人の看護で成長してたまたま生きながらえている(つまり短命です)という事が多くあります。
ですから、ブリーダーの観点からも、ティーカッププードルの繁殖にはとくにアメリカで生まれた雄のワンちゃんが不可欠とされています。

これはトイプードルでは父親の遺伝子が強く残るためと言われています。
このようにトイプードルよりさらに繁殖が難しいティーカッププードルは、きちんと元気に育ってきたワンちゃんが少ないのです。
ショップ、ブリーダーを訪れた時には、必ずワンちゃんの健康状態をチェックしましょう。
元気のないワンちゃんは、せっかく飼っても私たち素人では長生きさせてあげられないような運命をたどってしまうかもしれません。
そして、元気なワンちゃんの中から、顔つきや毛色、性格などを見てどの子にするかを決めていきましょう。

疑問や気になることがあればペットショップの人やブリーダーに直接聞いてみましょう。
健康状態については、体の健康だけでなく心も健康かどうか、長くケイジに入れて育っているとなかなか人になつかなかったりという子もいます。
どんなふうに育ってきたワンちゃんなのかということも気になるようであれば直接質問してみましょう。

関連コンテンツ

愛らしい伴侶犬トイプードル

ペット愛好家の智恵欠かせない情報、基礎知識を集め記事にまとめています。ペット他ほか本題に移ります。トイプードルは、ノン・スポーティング・グループ(伴侶犬)に分類される小型犬です。 スタンダードプード・・・

ペット販売の指針とは

ペットのいる生活が送れるよう必要事項がそろっているサイトを構成しています。ペット他ほかの話題に入ります。2003年の9月25日に、全国ペット小売業協会が『ネットでのペット販売の禁止』などを盛り込んだ営・・・

ボストンテリアってどんな犬?

ペットが大好き!は日々欠かせませんが、参考情報をまとめてみました。ペット他ほかの本題に進みます。現在最も人気のある犬種のひとつであるボストンテリアは、小柄ですがしっかりとした体つきをしています。 背・・・

大型犬がブームです

ペットライフの智恵目差している方に関連記事や参考情報を集めています。ペット他ほかのポイントを見ていきましょう。大型犬とは、呼んで字のごとく、大きな犬のことですが、ペットにするなら、小型犬がいいという人・・・

ビーグル犬を知ろう

ペットが大好き!は日々欠かせませんが、参考情報をまとめてみました。ペット他ほかの話題へご案内します。一昔前だと、ゴールデンリトリバーが犬の中で大人気になり、その次はチワワがCMで人気になりました。 ・・・

アメリカンコッカースパニエル

ペット愛好家のヒントを中心テーマとして参考、関連情報を掲載しています。ペット他ほか本題に移ります。アメリカンコッカースパニエルとは、犬の種類の1つで、アメリカンコッカースパニエルの子犬をペットとして求・・・

ティーカッププードルとはどんなワンちゃん

ペットと暮らす楽しみに欠かせない情報、基礎知識を集め記事にまとめています。ペット他ほかの話題に入りましょう。トイプードルの中でもさらに小さく、成犬になっても体重が2キロ程度のトイプードルを「ティーカッ・・・

大型犬の犬小屋

ペットと共にを中心テーマとして参考、関連情報を掲載しています。本題のペット他ほかそのほかに行きましょう。大型犬の犬小屋は、犬が大きいわけですから、当然大きな犬小屋になります。 また、大型犬用の犬小屋・・・