ペットと暮らすためにのTOPに戻る

犬のしつけをするには

ペットと暮らすためにこれだけは知っておきたい事項からまとめてみました。ペット他ほかのポイントを見ていきましょう。犬を飼うのなら、まっさきに取りかかりたいのがしつけ。
あまり厳しくしてもかわいそう、なんて考えてしまいがちですが、甘やかしてばかりで世間から煙たがられるペットの方がよっぽどかわいそうです。
自分の子供が他人に迷惑をかけても平気ですか?もしそうなら、あなたは子供どころかペットすら飼わない方がいいですよ。

まっさき、と言いましたが、ペットのしつけを始めるのは早けば早いほどいいというものでもありません。
生後8ヶ月ほどは母犬のそばでたっぷり甘えさせてあげるのがいいようです。
それよりも早く引き取る場合でもこの8ヶ月というのを目安にするといいでしょう。
しかしトイレのしつけだけは、家に来た日にやっておきます。
トイレの場所を教えて、上手にできたら褒めてあげてください。
犬は外で飼ったり散歩に連れて行くことが多いため、しつけるポイントも他のペットよりたくさんあります。
まずはボスは自分ではなく飼い主、自分はペットだということをわからせなければなりません。

そのために食事のしつけから始めましょう。
食事はもちろんペットフード。
目の前のペットフードを“待て”で我慢させます。
始めは短時間でもいいので、できたら大げさに褒めてあげましょう。
ペット用のおやつをご褒美として使うのも効果的です。
咬み癖のしつけは子犬の時に行うことが大事。
咬んだら叱るのではなく、大げさに痛がってみせましょう。
大好きな飼い主が痛がるのを見れば、子犬は自然と咬まなくなります。

関連コンテンツ

犬のしつけで無駄吠えをなくすには

ペットライフのためにを中心テーマとして参考、関連情報を掲載しています。ペット他ほか本題に移ります。犬のしつけで、無駄吠えをさせないようにすることは、非常に大切なことです。 無駄吠えとは、その名の通り・・・

犬のしつけについて

ペット大好きならこれだけは知っておきたい事項からまとめてみました。ペット他ほかの本題に進みます。犬のしつけって、難しそうな気がしますよね。 だって、言葉は分からないし、意思の疎通が図れるかどうか、図・・・