ペットと暮らすためにのTOPに戻る

ペットレス症候群の時には

ペットライフのポイントに関連する事柄や情報を整理しています。ペット他ほかのポイントを見ていきましょう。ペットレス症候群とは、可愛がっていたペットと死別し、その悲しみから立ち直ることができずに、うつのような状態になってしまうことをいいます。
ペット人口が増え、それとともにペットを家族の一員、家族同然として愛する人が増えてきました。
ペットレス症候群は、いわば現代人の心の病です。
かわいらしい姿でいつもそばに居てくれ、日々面倒を見て慈しんできたペットの存在が、突然消えてしまった時のショックと悲しみは、想像を絶するものがあります。

ペットを亡くした時の悲しみと衝撃は深く、何も手につかず、食欲も無くなって、呆然と憔悴した日々を送り、人はペットレス症候群に陥ります。
中にはそういったうつ状態が数年にもわたって続く人もいます。
命あるものはいつか必ず逝ってしまいます。
ましてや動物は、人間より寿命が短いものがほとんどです。
しかしペットレス症候群は、時がたてば必ず克服できます。

亡くなったペットにとって一番の供養は、家族が泣いて思いっきり悲しみ、そしてその後では立ち直って、いつまでも楽しい思い出として自分を思い出してくれることでしょう。
自分がもしペットレス症候群だなと感じた時は、ペットと共に暮らした家族と話したり、同じ体験や悲しみを共有するペット仲間と話をすることで癒されることもあります。
ペットレス症候群に陥ってしまったら、カウンセラーの講座やペットレス症候群に関する本なども出版されているので、参考にするのもよいでしょう。

関連コンテンツ

ペット供養をどうするか

ペット愛好家の智恵欠かせない情報、基礎知識を集め記事にまとめています。ペット他ほかの本題に進みます。供養は亡くなった人への感謝の気持ちを伝えるために行うこと。 たとえ相手がペットであろうと、それは変・・・

ペット葬儀とは

ペットと共にを中心テーマとして参考、関連情報を掲載しています。本題のペット他ほかに行きます。ペット葬儀とは、人間と同じように死んだ後遺体を供養してもらえる環境、サービスのことを言います。 なかでもペ・・・

ペット葬儀について

ペットライフのためにを中心テーマとして参考、関連情報を掲載しています。ペット他ほかの話題に入りましょう。ペット葬儀をとりおこなっているところでは、ペットの火葬やペットのお骨を預かってくれたり、ペットの・・・