ペットと暮らすためにのTOPに戻る

ペット供養をどうするか

ペット愛好家の智恵欠かせない情報、基礎知識を集め記事にまとめています。ペット他ほかの本題に進みます。供養は亡くなった人への感謝の気持ちを伝えるために行うこと。
たとえ相手がペットであろうと、それは変わりません。
ペットごときに供養なんて、と考える人もいるかもしれませんが、思い出してください。
ペットとの楽しかった日々を。
ありがとう、という言葉が浮かんできませんか?この言葉を伝えるのが供養なのです。

逆に、立派なお葬式をあげなくちゃ、ちゃんとしたお墓を作らなくちゃとあくせくしすぎるのも考えもの。
あなたの感謝がペットに伝わるのならどのような形でだって構わないのです。
形にこだわらず、あなたなりの供養を考えてみましょう。
例えば、亡くなったペットのお骨を持ち帰り、お気に入りの場所に埋める。
これだけでも立派な供養となります。
もちろん、お骨を埋める、散らすなどの際はトラブルが起こらないように!自分のために飼い主が苦しむのは、ペットだって望んでいませんから。

お骨を持ち帰らなくても、写真の前に好物を置いてあげるだけでもいいのです。
極端な話、たまにペットを思い出して昔話をすることだって供養になります。
あなたとあなたのペットにふさわしい、背丈に合った供養を行いましょう。
逆に、大きな遺影に豪華な供花、たくさんのお供え物の前でいつまでも涙に暮れていては、ペットだって救われません。
供養は感謝だといいましたが、それ以上に、自分自身の中で区切りをつける行為でもあります。
ペットはいつまでもあなたを見ています。
それを忘れず、笑顔で毎日を暮らすことを第一に考えましょう。

関連コンテンツ

ペット葬儀とは

ペットと共にを中心テーマとして参考、関連情報を掲載しています。本題のペット他ほかに行きます。ペット葬儀とは、人間と同じように死んだ後遺体を供養してもらえる環境、サービスのことを言います。 なかでもペ・・・

ペット葬儀について

ペットライフのためにを中心テーマとして参考、関連情報を掲載しています。ペット他ほかの話題に入りましょう。ペット葬儀をとりおこなっているところでは、ペットの火葬やペットのお骨を預かってくれたり、ペットの・・・

ペットレス症候群の時には

ペットライフのポイントに関連する事柄や情報を整理しています。ペット他ほかのポイントを見ていきましょう。ペットレス症候群とは、可愛がっていたペットと死別し、その悲しみから立ち直ることができずに、うつのよ・・・