幼児教育というと何か特殊なことを子供に強いるようなイメージはありませんか。子供に習い事をさせたり、早期教育をさせてみたり、英語会話を習わせてみたりと。中には子どもは親のペットじゃないのだから、親の思惑だけで振り回すなという意見もききます。しかし、幼児教育とは本当にそのようなものでしょうか。ここでは少しその点について考えてみます。

何も幼児教室に通わせるだけが幼児教育ではないです。そして習い事をさせるということもその本質は子供をペットにするということでありません。幼児教育とは子供の脳が一番成長する時期に、これからの人生を充実させるため、脳の機能を拡張するようなものなのです。

結局、何かを習ったとしても、途中で興味がなくなればそれまでです。それは幼児教育に限った話ではありません。しかし、人が学ぶということにとって最も大切なことは何でしょうか。それは、続ける意欲、集中力、評価されることに対する感動であると思います。

幼児教育はこの3つを子供に与え、脳を学習するということに適した方向に持っていくのです。学習とは本当に広い意味の学習です。人生を生きていく上で、学ぶことというのは絶対に必要なことです。その人がどのような人生を歩むにせよ、基本的な能力ではないでしょうか。

幼児教育とは、この学ぶという基本を脳の成長期に与えることではないかと思います。本当に人生を豊かに過ごすためには、幼児教育とは、決して偏った考えではなく、本当に重要なことであると思います。


カテゴリー

幼児教育
幼児教育となんでしょうか?やる気、明晰さ、自信などを育てることも大切ですし、達成感の重要性も欠かせないですね。それらについて語りました。またフィンランド、スウェーデン、アメリカなどの幼児教育についても紹介しました。
早期教育
子供の早期教育についてはどう思いますか?幼児期の英語教育と英才教育については、賛否両論ですがそれらについて紹介しました。
受験
子供の早期教育についてはどう思いますか?幼児期の英語教育と英才教育については、賛否両論ですがそれらについて紹介しました。
幼児教材
幼児教育で、じっくり考えるということをさせるのが大切です。また幼児教育誌picoroというのはご存知ですか?
教育方針
子どもの各成長段階と幼児期の親の関わり方と教育の際の役割についてはどうでしょう。またスウェーデンやデイケアに赤ちゃんを預けるアメリカなどの教育方針はどうでしょうか?
教育研究
教育研究によれば幼児の脳の成長のために何が必要でしょうか?胎内へ話しかけるのことも大事ですが、生まれてから頭脳の発達曲線から見る幼児教育を考えて見ましょう。そして遊びも大切です。
教育政策
日本における教育政策はどうなっているのでしょうか?現在の幼児教育改革や児童福祉施設である保育園における教育などについて紹介しました。