幼児教育のあるべき姿のTOPに戻る
「幼児教育のあるべき姿」トップ >  教育研究 > 幼児の吸収力は脳の成長のため

幼児の吸収力は脳の成長のため


幼児の吸収力は大人など及びもつきません。それは脳が非常な速度で成長をしている時期だからです。脳の成長という意味では人生において最も情報を大量に吸収する時期ではないでしょうか。幼児の1年の成長を考えてみればそれが分かると思います。体の変化だけではなく、幼児の吸収力によって脳が大きく成長していくのです。ここではその幼児の吸収力について考えてみましょう。

まず、脳というものがどのような器官であるのか考えてみましょう。脳は精神活動や思考力を司るものですね。それは高性能なケミカルマシーンであり、複雑な神経回路によって精神活動が作られていきます。この回路のよい悪いが基本的な脳の性能を決定するといっていいでしょう。

幼児の吸収力を満たすため、脳成長させるため、外部からの刺激を貪欲にもとめます。そしてその刺激を受け、脳内に神経回路をどんどん作っていくのです。この完成は12歳といわれていますが、5歳で80%が完成してしまいます。つまり幼児の吸収力とは5歳の時点で大人の80%の脳内神経回路を作るために貪欲に刺激を求めているということになるのです。

この幼児の吸収力を阻害するようなことなく、親としてはどんどんと偏らない色々な刺激を与え、脳を成長させるべきでしょう。音楽であっても絵であっても体を動かすことであってもどのようなことでも幼児の吸収力は発揮されます。それに付き合い、幼児の吸収力に追いつくだけの情報を与えてあげるのが、幼児教育というものではないでしょうか。

関連コンテンツ

頭脳の発達曲線から見る幼児教育

最近の医学の進歩、特に脳生理学分野の発展には目覚ましいものがあります。脳神経の発達をスキャンニングすることで、年齢ごとに頭脳の発達曲線を見ることができるようになっています。ここでは、脳生理学に基づ・・・

知能あそびとは何か

知能あそびとはどのようなものでしょうか。この知能あそびとは、アメリカの心理学者ギルフォード博士が人間の知能モデルを作り上げることに成功します。そして、その知能の有機的なつながりと働きを「問題解決モ・・・

胎内へ話しかけるのことは子育ての予行演習

妊娠中の女性が胎内の胎児に話しかけたり、音楽を聞かせたりという胎教というものはかなり以前から行われています。これを子育ての一つだとする考え方もあるようです。ここでは、胎内の胎児に対する子育てとして・・・

「三つ子の魂百まで」という意味

「三つ子の魂百まで」とは日本で昔から言われている諺ですね。「雀百まで踊り忘れず」という似たような諺もあります。子どものころに身に着けたものは、大人になってもずっとついてくるということ昔の人は知って・・・

教育における遊びの研究について

幼児教育における遊びは学ぶことと同じ意味を持つものです。遊びを通し学ぶというのは幼児教育における基本ともいえるものです。ここでは、幼児教育における遊びと、学びの関係について解説していきます。 ・・・