幼児教育のあるべき姿のTOPに戻る
「幼児教育のあるべき姿」トップ >  教育政策 > 児童福祉施設である保育園における教育

児童福祉施設である保育園における教育


幼児教育というものを考えた時に、幼稚園と保育園という存在があります。この2つの違いはなんでしょうか。ここではその違いについて解説していきます。

まず、保育園というものは児童福祉法に定められた児童福祉施設です。つまり、「学校」という扱いではないとうことに注意しましょう。確かに保育園でも就学前の教育、幼児教育は行われています。しかし、本来の意味では保育園、保育所は学校ではなく、働く親に代わり、子供を預かる児童福祉施設という扱いになるのです。

一方で、幼稚園についてはどうでしょうか。こちらは学校教育法に定められた教育施設になります。あくまでも学校の一種であり、幼児教育が行われるのは当たり前の話ということになるのです。

親としてはどちらに子供を預けるかというのは、難しい問題です。フルタイムで仕事をしている親にとっては、子供を預かる時間の短い幼稚園は、自分の仕事に支障がでます。

また、保育園では、その保育園の方針によって体系だった教育を行うのか、全く放置している託児所のような状態になっているかは分かりません。それは個別ケースで論じるべきでしょう。

そもそも幼児教育は本来の目的ではないのです。あくまでも保育園は児童福祉施設であって、学校ではないのです。ただ、現実はそうもいっていられない状況もあり、多くの保育園では普通に幼児教育が行われているという事実もあります。

ただ、このような問題を解決するため、今日本政府では幼児教育の見直しを行っています。これは双方の違いを一本化して、幼児教育を充実させる教育改革の一環として実施される予定になっています。

関連コンテンツ

我が国における現在の幼児教育改革について

現在、幼児教育の重要性については世界中の国で認識されているといっていいでしょう。特に小学校から大学まであらゆる学齢において基礎学力の低下が言われている我が国においては、幼児教教育の改革の必要性が以・・・