幼児教育のあるべき姿のTOPに戻る
「幼児教育のあるべき姿」トップ >  早期教育 > 子供の英会話教室について

子供の英会話教室について


子供を対象とした英会話教室というものは数多く存在します。特に学齢前の幼児を対象とした英会話教室が注目されています。はたして幼児期に英会話教育をする意味はあるのでしょうか。そのことについて考えてみましょう。

まず、子供、特に幼児と大人では脳の構造が全く違うということです。大人の脳は完成品で、日本語というOSが入っている状態。その上で英語というソフトウェアを動かすようなものなのです。脳の中では【英語を聞く、読む】→【思考(日本語)】→【英語を話す書く】という段階から始まっていきます。

これが上級者になってききますと思考の部分も英語になってきます。まず英語の夢を見るようになったときがそうではないでしょうか。英語をずっとやって習熟していくと、「あ、英語で考えている」と実感する瞬間があるものです。

子どもの英会話の場合、英語を英語のまま理解します。これはまだ、日本語という基本ソフトが脳の中で完成していないためです。この未完成さゆえに柔軟に言葉を覚えることができるのです。完成してしまうと中々、変更はききませんが、子供は柔軟に対応します。

だから、子供に英会話を教えるとかなりの覚えが良く、本当の意味で「言葉」としての英語を覚えていきます。大人の外国語を覚えるというものとは違います。それゆえ、子供向けの英会話教育は成功すれば、後々英会話で困らなくなる可能性もあります。ただ、しっかり続けることが肝心です。言葉は使わないとすぐ錆びますので。

関連コンテンツ

言葉の代わりの意思表示。しつけや幼児教育大丈夫?

みなさんはお子さんの幼児教育についてどうされていますか?しつけなどきちんとしていますか?赤ちゃんや幼児ではやって良いこと、悪いことを教え、区別させることから始め、朝のあいさつ、食事のときのあいさつ・・・

幼児教育に必要なしつけの方法

みなさんは幼児教育のためにしつけはきちんとされておりますか?幼児教育にとってしつけはとても大事です。しつけをするにあたって年齢によって方法が違うのはご存じですよね?知っている方も知らない方もしつけ・・・

あなたは子育てやしつけはどのようにしていますか?幼児教育を楽しんでいますか?

子育てをしていく中には、幼児教育やしつけは重要なことだと思います。幼児教育やしつけもおこさんの年齢によって違ってきます。4歳ぐらいがお母さんにとって子育てが一番つらい時期かもしれませんね。育児ノイ・・・

幼児期の英才教育の賛否両論

英才教育とは何でしょうか?幼児期の英才教育といいますと、年齢という枠にこだわらず、子どもの興味のある対象に対し、どんどんレベルの高い情報を与え、教育するというものですね。この幼児期の英才教育に関し・・・

幼児期の英語教育について

幼児期の英語教育に関しては賛否両論あるのは事実です。日本語も満足にできないうちに外国語を教えてどうするという話は確かに俗耳には受け入れやすい話です。しかし、語学に関しては、幼児期の教育効果は認めら・・・

早期教育の意味について

年齢という枠に縛られず、子供の知的欲求に従いどんどん知識を与える教育方法があります。これが早期教育といわれるものです。ここではその早期教育の意味について考えてみましょう。 まず、3歳の子供が・・・

子供の早期教育について

子供の教育は親にとって悩みどころです。特に幼児教育になど、早期教育、英才教育などについては、実際にやらせる方がいいのか悪いのかよくわからないところがあります。ここでは、幼児の早期教育について考えて・・・

英才教育に関する評価について

英才教育の中に色々な種類があります。幼児教育の現場においてそれは早期教育という形で行わるものを指すことが多いですね。この幼児期の英才教育については、様々な意見があります。ここではその意見についてま・・・

英語教育のキッズコースについて

多くの英語学校ではキッズコースとして学齢年齢以下の子どもに英語教育を行うコースがあります。このような英語教育に効果があるのでしょうか。ここではそのキッズコースの英語教育の効果について論じていきます・・・