幼児教育のあるべき姿のTOPに戻る
「幼児教育のあるべき姿」トップ >  早期教育 > 子供の早期教育について

子供の早期教育について


子供の教育は親にとって悩みどころです。特に幼児教育になど、早期教育、英才教育などについては、実際にやらせる方がいいのか悪いのかよくわからないところがあります。ここでは、幼児の早期教育について考えてみましょう。

早期教育が必要かどうかについては、学者の間でも意見が分かれています。実際のところ、効果があるのか無いのか以前に、悪影響があるという考え方も出ています。

そもそも、早期教育をするのか、しないのかの判断は子供にはできません。それをするのは親の役目になります。そして、実際に早期教育に関しては賛否両論あり、決して万能ではないということを理解しなければなりません。

そして、早期教育をすると決断したならば、それに向けて親の方も家庭環境の改善が必要になるでしょう。それは早期教育を行う機関との連携になるはずです。その連携をしっかりとっていくことが大切になります。

また、早期教育はしないという選択もありかもしれません。しかしだからといって、幼児教育をしなくていいという問題とは別の話です。自分の子供の将来のことを考えるのであれば、年齢に応じた形でもその教育にふさわしい家庭環境、親と子供の関係を作ることが必要です。

早期教育をやるのかやらないのかの選択権が子供にはありません。親の方でしっかりと検討して結論を出すようにしていきましょう。そして一度出した結論に対してぶれないことが、なによりも大切なことだと思います。

関連コンテンツ

言葉の代わりの意思表示。しつけや幼児教育大丈夫?

みなさんはお子さんの幼児教育についてどうされていますか?しつけなどきちんとしていますか?赤ちゃんや幼児ではやって良いこと、悪いことを教え、区別させることから始め、朝のあいさつ、食事のときのあいさつ・・・

幼児教育に必要なしつけの方法

みなさんは幼児教育のためにしつけはきちんとされておりますか?幼児教育にとってしつけはとても大事です。しつけをするにあたって年齢によって方法が違うのはご存じですよね?知っている方も知らない方もしつけ・・・

あなたは子育てやしつけはどのようにしていますか?幼児教育を楽しんでいますか?

子育てをしていく中には、幼児教育やしつけは重要なことだと思います。幼児教育やしつけもおこさんの年齢によって違ってきます。4歳ぐらいがお母さんにとって子育てが一番つらい時期かもしれませんね。育児ノイ・・・

幼児期の英才教育の賛否両論

英才教育とは何でしょうか?幼児期の英才教育といいますと、年齢という枠にこだわらず、子どもの興味のある対象に対し、どんどんレベルの高い情報を与え、教育するというものですね。この幼児期の英才教育に関し・・・

幼児期の英語教育について

幼児期の英語教育に関しては賛否両論あるのは事実です。日本語も満足にできないうちに外国語を教えてどうするという話は確かに俗耳には受け入れやすい話です。しかし、語学に関しては、幼児期の教育効果は認めら・・・

早期教育の意味について

年齢という枠に縛られず、子供の知的欲求に従いどんどん知識を与える教育方法があります。これが早期教育といわれるものです。ここではその早期教育の意味について考えてみましょう。 まず、3歳の子供が・・・

子供の英会話教室について

子供を対象とした英会話教室というものは数多く存在します。特に学齢前の幼児を対象とした英会話教室が注目されています。はたして幼児期に英会話教育をする意味はあるのでしょうか。そのことについて考えてみま・・・

英才教育に関する評価について

英才教育の中に色々な種類があります。幼児教育の現場においてそれは早期教育という形で行わるものを指すことが多いですね。この幼児期の英才教育については、様々な意見があります。ここではその意見についてま・・・

英語教育のキッズコースについて

多くの英語学校ではキッズコースとして学齢年齢以下の子どもに英語教育を行うコースがあります。このような英語教育に効果があるのでしょうか。ここではそのキッズコースの英語教育の効果について論じていきます・・・